鳥になっちゃうブログ

あまのじゃくの独り言

激安ソープの魔力に吸い寄せられた話

 

 

 

今思えば、俺は疲れていたんだ。

 

人間関係、受験勉強、様々なしがらみ、抑圧。俺に対して、一気にのしかかって来た。

 

そして気がつけば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソープランドの目の前にいた(超常現象)

 

 

 

 

日頃からたまりにたまった疲労で正常な判断を失い、安いからという理由で60分/16000円のソープをノータイムで予約、Fカップの女の子を指名した。

 

こんな値段で巨乳の女の子が買えるんだ、と店までの道中ウキウキしていたのは言うまでもない。

 

 

しかし俺は、これから起こる悲劇など知る由もなかった。

 

 

 

薄暗い店先、おじさんに「予約している矢入ですけど」と伝えると怪しいほどニコニコしながら、中に通してくれた。

 

 

店に入ると料金16000円を前払い、待合室にぶち込まれる。ソープを利用するのは2回目だが、やはり緊張する。

 

気を紛らわすために週刊誌を手に取って、掲載されていた巨乳の女の子の画像を眺めた。

 

 

 

 

見てろよ、今から俺はこのような大きい胸の女の子を抱くのだ。

 

 

 

 

 

「矢入さん」

 

 

5分程するとボーイの人がドアを開け、俺の名前を呼んだ。

 

 

 

おもむろに立ち上がり、言われるがままその男が導く方へついていった。

 

 

 

「こちらです、どうぞ。」

 

 

 

どうやら俺の目の前の、カーテンのその先に女の子はいるらしい。いよいよご対面か。

 

 

俺は何の警戒もせず、カーテンをめくった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにはプロフィール画像の一回り、二回り、太めの女がいた。

 

思わず目をこすった。これは現実か。呆れて言葉も出ない。

 

そこで俺は思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安さ×巨乳=地雷の数式を。

 

 

 

 

俺は初めてソープに行く前、失敗するまいと徹底的に調べ上げていたのだ。そしてそこにはソープを選ぶいろはの、初歩の初歩として値段が挙げられていたのだ。

 

「20000円を切ると、ろくなのが出てこない」、そう書いてあったと記憶している。

 

また「Fカップ以上は地雷」「Fカップ以上は力士」などと書かれていたのを、そこでハッと思い出した。時すでに遅し。

 

 

 

安さに目が眩んで、乳に目が眩んで、1番有り得ない選択をしてしまった自分自身を責め立てた。

 

なんと情けない生き物なのだ。

 

 

 

力士「こんばんは♪」

 

俺「...ばんは(死にかけ)」

 

 

 

 

階段を上がり、部屋に入ってベッドに座る。服は自分で脱いだ(ヤケクソ)

 

 

 

力士「地元の人?」

 

俺「...うす(死にかけ)」

 

 

 

マニュアル通りのクソつまらん会話を適当に受け流し、お風呂へ。

 

 

 

俺はお風呂に入り、歯を磨いた。力士も当然湯船に入る。

 

入水と同時に満杯まで入っていたはずの湯船のお湯が、ものすごい勢いで流れ出し半分ほど減った。さすが力士。

 

 

 

そして俺はお湯に浸かりながら腰を浮かし、口での奉仕を受けた。正直これは気持ちよかった。

 

聞くところによると、この世界に入って3年になるらしく、それなりのテクニックは持ち合わせているのだと感じた。

 

 

 

 

 

次はマットプレイ。ベッドかマットか迷ったが、その肉々しい恵体をどうにか活かせないか、という俺の采配によりマットプレイを選択した。土俵入り。

 

我ながらこの判断は間違っていなかったと思う。

 

マットにうつ伏せになり目を閉じていれば、土俵で力士がせっせと相撲をとっている様を見ることもない。

 

 

 

俺は10分程その出来上がった体での奉仕を受けた。高まる射精感、イキかけていた俺に力士がこう問うた。

 

 

「挿れていい?」

 

 

 

俺も男だ、今回ばかりは膣で射精できる、射精しよう。そう思った俺は挿入を懇願した。ゴムをつけられる。

 

 

 

 

萎えた。

 

 

 

 

 

 今まで元気だった俺が嘘のように萎えた。

 

 

 

力士「小さくなっちゃったね...」

 

俺「んあ...(死にかけ)」

 

 

 

またイケないのか。空虚を見つめながら、俺の目には涙が浮かんでいた。今日の晩御飯は何にしようか。

 

 

そうだ、挿入はやめて、また身体中を愛撫されたなら、そうされたならイケるだろう。俺は力士に全身を使うようお願いした。

 

 

 

 

 

イケなかった。悲しみに包まれながら、行為は終了。着替えに移る。帰り際にキスしてくれた、それさえも悲しく思えてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道、俺はすごく後悔した。人間、突発的な感情で行動してもうまくいくはずがないのである。

 

 

 

 

そして決心した、こんなバカみたいなことにお金を使うのはもうやめよう、と。

 

 

 

 

同級生の女の子とセックスした話

 

 

 

 

この事件から数週間経ちましたが、やっと気持ちの整理がつきましたのでブログに綴らせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

七月某日、俺を含めて男二人、女の子一人でカラオケに行くという約束を取り付けていたのでその待ち合わせ場所に向かった。

 

「今日は蝉の声が一段と強く聞こえるなあ。」

 

自転車を漕ぎながらそんなことを思った。

 

普段は気にしないことも、今日は何故か気になって仕方がない。

 

 

 

約束していたのは文化祭のバンドメンバーで、集まったのは俺が「どうしても女の子の歌う声が聞きたい」というよくわからない理由からだった。(マジで聞きたかった)

 

声が聞きたい...カラスって唐揚げにしたらどんな味するんだろ... 自転車を適当に漕いでいるといつの間にか街で一番大きい駅に着いていた。そこで自転車をとめる。

 

 

集合場所に行くと女の子が見えた。

 

「あいつはまだ来てないのか...」

 

と思いながら女の子の方へ向かう。

 

俺「こんちわー。あれ?まだ来てないん?あいつ。」

 

女の子「うんー。それがねー、今日急用で来れなくなったってラインが来て―、、」

 

 

 

 

 

帰りたい。

 

 

 

 

 

速攻で帰って寝たい。はやく帰りたい。帰りたい。

 

その言葉を聞いた瞬間、そんな気持ちで俺の頭の中は埋め尽くされた。

 

「おーマジか...」

 

言葉が出ない。

 

女の子「やっぱ嫌だよねー。うちと二人とか。。」

 

俺「嫌じゃない嫌じゃない。でもいきなり二人きりは参ったなあー。」

 

女の子「よかったー。うちはむしろ二人になれてうれしいよー。」

 

実はこの女、めちゃくちゃ尻が軽い。クラスの男含めたくさんの男と関係を持ったと聞いている。この時点で少し嫌悪感はあった。でも二人きり、意識しないはずがない。

 

 

ここで俺のラインの通知が鳴る。ドタキャンした男からだ。

 

「楽しんでねー」

 

 

いつもなら携帯を地面に叩きつけるとこだったがそこをグッと堪えた。どうやってこの半日を切り抜けよう。チンパンジーなりに考えたが何も思いつかない。まあどうにかなるだろう。適当に歌ってたら終わるだろう。そう思った。

 

 

女の子「じゃあそろそろ行こっか。」

 

 

 

 

ベラベラ話しながら歩いているとカラオケに着いた。手続きを済ませ部屋に入る。

 

俺は適当に座った、女の子も当然座る。近い。距離が近い。嬉しいような嬉しくないような、言葉では言い表せない複雑な気持ちになっていった。

 

こいつは密室で、男女二人きりで何も感じないのか。頭がおかしいんじゃないか。

 

 

 

俺「普段何歌うん?」

 

女の子「アニメの曲とかかなー。矢入君は?」

 

俺「んー、邦ロックとかー。」

 

 

初っ端からスピッツの"ロビンソン"や"チェリー"を入れるのは少し重いのではないか。俺なりに考えた結果まずはサカナクションの"新宝島"を選曲。そこそこウケた。

 

 

 

 

 

 

そこから交互に曲を入れ合い二時間ほど経った。

 

 

女の子「矢入君って歌上手いんだねー。」

 

俺「そうかなー。そっちこそめちゃ上手いよねー。」

 

女の子「ほんと?嬉しいー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで会話が止まった。

 

 

 

なんだこの雰囲気は。なんだこの沈黙は。もしかして俺は喰われるのか、喰われちゃうのか。汗が噴き出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不意に女の子が距離を詰めてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい、まさか...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唇を奪われた。

 

 

 

 

 

思いがけない出来事に俺は言葉を失う。

 

 

 

 

女の子「うち、矢入君のことずっと前から好きなんよね。。」

 

俺「え...」

 

 

 

 

 

 

 

言葉が見つからない。

 

 

女の子「もっとしていい?」

 

俺「...」

 

 

 

言語能力がチンパンジー並に低下した俺はもうされるがままだった。

 

 

お互い密着したまま強引に舌をねじ込まれ、俺の身体はその小さい手で愛撫されていた。

 

 

凄く上手だった。気持ちがよかった。相手がたくさんの男と繋がっている事なんてどうでもよくなっていった。

 

 

 

とうとう女の子は俺のズボンに手をかけた。

 

 

 

俺「流石にそこからはマズいんじゃない...?」

 

とっさに唇を離してやめるよう言った。監視カメラがあった場合確実に注意を受けるからだ。

 

 

 

女の子「じゃあ...ホテル行く...?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は近くのラブホテルに連れていかれた。正直学生の男女が入るようなところではないような気がしたが、もう心身ともにチンパンジーと化した俺にはどうだっていい話だった。

 

 

 

部屋に入ると女の子が湯船にお湯を落としてくれた。手慣れてるなあ、と少し感心してしまった。

 

 

お湯がたまるまでクラスのことや受験のこと、将来のことなどなど談笑を楽しんだ。短いがとても楽しい時間だった。

 

お湯が入った。

 

 

女の子「一緒に入ろ!」

 

 

シャワーを一緒に浴び、一緒に身体を洗いあった。洗いあったというよりは泡を使ってお互いの身体を愛撫した、と言ったほうがいいのか。そして湯船に浸かる。

 

女の子と身体を密着させて入るお風呂はやっぱり格別である。物凄い充足感で満たされていった。

 

 

 

 

 

お風呂から上がると女の子が鞄からおもむろに制服を取り出し着替え始めた。

 

 

 

女の子「矢入君こういうの好きでしょ?私友達からきいたんだよねー。」

 

 

 

こいつは今日完全にそういうつもりで来ていたのだ、とここで確信した。あと俺は制服がこの世で一番の大好物である。性癖をオープンにしといてよかったと心から思った。

 

 

もうここからは獣の様に盛りあった。数をこなしているだけあって、女の子のテクはそこら辺の奴とは明らかにレベルが違う。お尻の穴を舐め始めたときはちょっと引いたが気持ちがよかった。

 

女の子「挿れていい...?」

 

騎乗位でリードされる。とても気持ちがいい。ソープの時とは大違いである。返せ俺の二万円。

 

そして正常位に変え、そこから様々な体位を試した。特に寝バックがよく締まった。

 

お互い受験のストレスや、勉強ばかりで溜まりに溜まった性欲をぶつけ合い激しい交尾になった。何時間もヤった。何発もヤった。

 

 

 

女の子「流石に疲れたね...でも一番気持ちよかったかも...」

 

俺「うん...俺も...」

 

 

 

 

二人は身体を寄せ合ったまま眠った。親にはラインで"友達の家に泊まって徹夜で人生ゲームをする"のだと伝えておいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目が覚めるとそこは俺の部屋のベッドの上だった。

 

 

 

 

俺「嘘だろ...」

 

そう!今までの出来事は全て夢だったのである!

 

俺「そんな...」

 

そう!今までの出来事は全て夢だったのである!

 

俺「嫌だ...嘘だ...女の子とカラオケ行ったのも...ありえないくらいスケベなことしたのも全部...」

 

そう!今までの出来事は全て夢だったのである!

 

 

 

 

 

 

P.S. 女の子と遊びに行きたい。



【危険】メンヘラチンパンジーの生態【特定外来生物】

 

皆さんは"メンヘラチンパンジー"をご存じだろうか。そう、香川県に生息する幻の生物である。基本的な能力はこちら。

 

学名:Pan menhealer 体長:168cm 生息地:四国に数多く分布 食性:雑食 生態:樹下棲で人間と同じ二足歩行をするがやや前傾姿勢。脳容積は5mlである。種小名menhealerはギリシャ語の「膣居人」に由来し、転じて「メンヘラ」の意。特定の雄雌関係にもとづいた繁殖はせず、雌雄ともに複数の異性と交尾をする。

 

 くっさ。

 

とても厄介そうな生き物である。実際厄介。2009年には特定外来生物に指定されている。

 

今日はそんな愛くるしいメンヘラチンパンジーの生態を詳しくご紹介したい。(全7項目)

 

 

1.街行く女の子を凝視しがち

特筆すべきはやはり女の子への関心の高さである。性欲が強い。その飢えた目で見られる女の子がかわいそう。 

 

 

2.夜間徘徊しがち 

いかんせんメンヘラなのであてもなくぶらぶらと歩き、夜の風を浴びたいのである。そしてその様子をツイキャスで配信してしまうという無駄な知能の高さ、とても気持ちが悪い。最近は夜中見つけた台湾式マッサージにとても入りたいらしい。

 

 

 

3.カフェイン依存症 

雑食のメンヘラチンパンジーはとくにカフェインの含まれる飲料が好物で、前述のようにそれを手に夜間徘徊しはじめる。見かけてもエサは与えないようにしたい。

 

 

 

4.女への歪んだ感情を持っている 

女の子を癒しの"道具"だと勘違いした言動が多くみられる。メンヘラなので。人間関係でもその傾向は顕著に現れ、半ば依存ともとれる行動で女の子から煙たがられる。風俗行けやクソ雑魚雑種が。

 

 

 

5.女の子の悪口を言う

被害者意識が強くすぐ人のせいにし始める。好き好き言っときながらクズである。くたばれスケベ猿が。

 

 

 

6.頻繁に女の子をご飯に誘う

頻繁に誘うが頻繁に断られている。気持ち悪いので。

 

 

 

7.1日2回のオナニー

最近はオナホを固定して射精するのがお気に入りらしい。気持ち悪い。

 

 

 

 

 

以上が主なメンヘラチンパンジーの生態である。こんな気持ちの悪い生き物がこの世に存在していていいのか、私は到底許されない事態だと考える。 

 

 

また新しい情報が入れば更新する予定だ。

 

 

 

女2

・傲慢

・すぐ威張る

・すぐうぬぼれる

・整理整頓ができない

・強欲

・うるさい

・不快

・無慈悲

・隠し事をする

・死ねばいいのに

・愚か

・すぐ不正を働く

・頭が悪い

・知能が低い

・無理

・すぐどっか行く

・でもセックスはしたい

他にもいろんな女がいるぞ!みんなも自分だけの女を探してみよう!! 

 

クソ記事について

一文で終わるような記事とかツイッターでやれや。

そうだ 香川、行こう。

 

f:id:yairi3373:20170604091833j:plain

 

 

香川県に住み始めて7年、普通に飽きてきたのでいいところでもまとめて気持ちよくなりたかった。(自供) みんなもこれ読んで来たくなったら来てね。

 

 

 

1.うどんが安い、美味しい。

これ、これに尽きる。これしかいいところがないのかってくらいこれ。これ。47都道府県、うどん県を謳っているところがいくつかあるが、その中でも一番だと思う。うどん屋の軒数もコンビニの3倍らしい。はっきり言って無駄。バカじゃねえの。もっとコンビニ作れ。

 

 

2.かわいい子が多い

今まで引きこもってたせいか気づかなかったけど意外と多い、多分。でも友人曰く、筆者は美的センスが歪んでいるので信用できない。ブスは家でうどんでもこねてろバ―――カ。

 

 

3.

思いつきませんでした... 7年住んで3つ思いつかない自分が情けない。悲しい。あんまり外に出ないので当然っちゃ当然ですけど。

 

 

いかが...どうでしたか。この記事で香川県の魅力が伝われば幸いです。ちなみに僕は大学進学を機に県外へ出る予定です。さよなら。

 

 

 

 

・うるさい

・穴が1つ多い

・写真を撮りたがる

・口が悪い

・口が臭い

・下の口も臭い

・死んでほしい

・結局金

・頭が悪い

・クソ

・気持ちが悪い

・夢見がち

・面食い

・自尊心が高い

・クズ

・ゴミ

・すぐ嘘をつく

・自分を守ることに必死

・甘いものが好き

・故に考えが甘い

・でも添い寝してほしい

他にもいろんな女がいるぞ!みんなも自分だけの女を探してみよう!!