鳥になっちゃうブログ

あまのじゃくの独り言

【危険】メンヘラチンパンジーの生態【特定外来生物】

 

皆さんは"メンヘラチンパンジー"をご存じだろうか。そう、香川県に生息する幻の生物である。基本的な能力はこちら。

 

学名:Pan menhealer 体長:168cm 生息地:四国に数多く分布 食性:雑食 生態:樹下棲で人間と同じ二足歩行をするがやや前傾姿勢。脳容積は5mlである。種小名menhealerはギリシャ語の「膣居人」に由来し、転じて「メンヘラ」の意。特定の雄雌関係にもとづいた繁殖はせず、雌雄ともに複数の異性と交尾をする。

 

 くっさ。

 

とても厄介そうな生き物である。実際厄介。2009年には特定外来生物に指定されている。

 

今日はそんな愛くるしいメンヘラチンパンジーの生態を詳しくご紹介したい。(全7項目)

 

 

1.街行く女の子を凝視しがち

特筆すべきはやはり女の子への関心の高さである。性欲が強い。その飢えた目で見られる女の子がかわいそう。 

 

 

2.夜間徘徊しがち 

いかんせんメンヘラなのであてもなくぶらぶらと歩き、夜の風を浴びたいのである。そしてその様子をツイキャスで配信してしまうという無駄な知能の高さ、とても気持ちが悪い。最近は夜中見つけた台湾式マッサージにとても入りたいらしい。

 

 

 

3.カフェイン依存症 

雑食のメンヘラチンパンジーはとくにカフェインの含まれる飲料が好物で、前述のようにそれを手に夜間徘徊しはじめる。見かけてもエサは与えないようにしたい。

 

 

 

4.女への歪んだ感情を持っている 

女の子を癒しの"道具"だと勘違いした言動が多くみられる。メンヘラなので。人間関係でもその傾向は顕著に現れ、半ば依存ともとれる行動で女の子から煙たがられる。風俗行けやクソ雑魚雑種が。

 

 

 

5.女の子の悪口を言う

被害者意識が強くすぐ人のせいにし始める。好き好き言っときながらクズである。くたばれスケベ猿が。

 

 

 

6.頻繁に女の子をご飯に誘う

頻繁に誘うが頻繁に断られている。気持ち悪いので。

 

 

 

7.1日2回のオナニー

最近はオナホを固定して射精するのがお気に入りらしい。気持ち悪い。

 

 

 

 

 

以上が主なメンヘラチンパンジーの生態である。こんな気持ちの悪い生き物がこの世に存在していていいのか、私は到底許されない事態だと考える。 

 

 

また新しい情報が入れば更新する予定だ。